ディープグルメ

ディープグルメとは?

「ディープグルメ」とは私が勝手に名付けたジャンルの飲食店や食べ物屋さんです。私が興味を持ち、突撃。みごとに認定されて初めてディープグルメの称号が付与されます。

 

ディープグルメを定義してみる

  • 女子が1人では入り辛い外観
  • 中も汚い
  • 食べ物の味はめっちゃ美味い
  • 値段はリーズナブル

スポンサーリンク

 

私はいわゆる女子受けするようなオシャレなレストランが好きではありません。

かわいいカフェ、華やかで誰もが1度は行ってみたいと思うようなイタリアン・フレンチなどのいわゆるリア充がわいわいと集うようなメジャーなお店には一切の興味がありません。むしろ嫌いです。

会社の飲み会などが、わざわざ会社の最寄駅から数駅も離れたような繁華街に位置するようなリア充系のお店で開催されるような事になった場合は、絶対に行きません。

社長が来るような会でも行きません。何故ならそそられないからです。行きたくないからですw

年季が入っているようなハードコアな居酒屋やホルモン屋、焼鳥屋、ラーメン屋といったお店のほうが私は大好きです。

 

カウンター席ではユニークな大将・女将・隣の小汚ないオッサンや見た目の怖いオッサンたちとの予期せぬ絡みが発生し、楽しい社交場になったりするのがディープグルメなのです。

それが自分の生活圏内にあって、そのお店がカウンター席のみだったりすると、更に最高

昔住んでいたところで足しげく通っていたディープグルメスポットでは、歯がほとんどないのにホルモン焼き屋にいつもいる謎のオッサン、汚いあぶり焼きのお店には似つかわしくないオシャレな美容師&怪しい整体師など、実にさまざまなジャンルの常連たちと仲良くなったりしました。

そのお店主でさえもひとクセもふたクセもあってエッジが立っていて、話しているだけで楽しいのです。

もちろん、出てくる料理の味も最高でかつ、値段もリーズナブル。

そんな小粋で個性的なお店が自宅から徒歩5分以内にあったらもう最高です。

夜な夜なパジャマで行って、しこたま飲んで食べて溶けるように寝入り気付いたら朝。もちろん家で目覚める。笑 最高です。早死にできます(^^)

 

そんなお店を開拓できた時には心の底から喜びを感じます。

もちろん食べログやぐるナビなどの大手サイトには載っていません。(たぶん。w知らんけど。w)

見た目は怖いけど何か雰囲気あるなぁ。と感じたお店には勇気を振り絞って飛び込んで自分の目と口で実際に味わって体験してみ無い事にはそのお店やそこにいるオモロイ人々とは出会えないのです。

 

当然、そんな素敵なお店に私は家族を連れて行きます。

七輪で焼かれるホルモンの煙が狭い店内に充満する、そんなお店では妻は涙を流しながら「美味しい美味しい」と喜んでくれます。


スポンサーリンク

生後半年も経たない長女を連れて行った際は、常連さんが気を使って煙草を外で吸ってくれます。w

そんなお店に赤ちゃんを連れて行くなよ!という批判を受けて当然だと思います。でも私は気にしません。

行きたいお店に行きます。家族も連れて行きます。w

家族が出来たからといって行動を制限したくないからです。

ということで、

いままで行ったお店を「ディープグルメ」というカテゴリの記事にまとめていきたいと思い、ちょくちょく書きためていきます。

 

 

以下の指標で各お店をレイティングしていく事にします。

 

3点満点で、完全に私の主観です。

 

  • 入りづらさ

    • 3の例:
      • 女子だけでなく男子でも1人で入りづらいほどの汚さ不気味さ、古さ。
      • 小洒落てない。
      • チェーン店ではない。

 

 

  • 店内の雰囲気

    • 3の例:
      • 古くて年季が入っている。
      • 小粋な大将とアホな話したり、1杯おごってあげたりできる雰囲気。
      • 逆にとがりまくった大将で口数少なくても高評価になります。
      • 文字通り完全に雰囲気です。笑

 

  • 毎日行きたい度

    • 3の例:
      • 味が抜群なのはもちろん。
      • 値段もリーズナブルであること。
      • たとえばクッソ旨いハラミが1人前780円以内だと3に近付きます。(東京だと。田舎だともっと安くなります。笑)

 

  • 総合評価

    • 3の例:
      • gejigejiがそのお店をディープグルメと呼ばずにいられない。
      • 店内が油やススまみれ、煙で充満していても雰囲気さえよければOK!w

 

 

という事で明確に定義する事ができません!w要するに雰囲気です。(もう1回言いましたw)

まだまだ自己満コンテンツを増やしていきたいと思います。

 

 

以上

関連記事:人生で一番旨い牛タン…楽酔苑(地下鉄赤塚)

関連記事:こんなに安くて食べ放題・飲み放題!?…焼鳥の鉄人(小岩)

関連記事:長野屋(新宿で定食・丼)

関連記事:鳥メロ(新宿・焼鳥)

関連記事:千枚刺が絶品!陽山道(江戸川区篠崎・焼肉)

関連記事:かきざき(江戸川区瑞江、定食・飲み処)

関連記事:濃厚とあっさりの共演!麺屋 五十六(瑞江・ラーメン)

関連記事:太麺と無料トッピングの太っ腹!ぽっぽ屋(ラーメン・水道橋)

 


スポンサーリンク
ABOUT ME
gejigeji
江戸川区での子育てライフに役立つ記事を書いてます。(子育て支援、おでかけ、便利グッズ、グルメ情報から、時に趣味の一口馬主ネタ。)経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職。子供:娘2人・息子1人(2014・2017・2018生)お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事
ディープグルメ

行列嫌いにおすすめ!並ばなくてもタピオカミルクティーが飲めるお店(PINKY TIARA瑞江店)

2019年4月2日
EDOGAWA QUEST(江戸川クエスト)
最近流行りのタピオカミルクティー。ちょっと気になるけどすごい行列。並んでまで飲むほどでもないなぁ。そんな風に思っていました。 姪っ子た …

POSTED COMMENT

  1. tora (@torawin) より:

    ディープグルメ良いねぇ!
    カテゴリー化して今後記事がどんどん
    増えていくことに期待しています!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。