デジタルマーケティング

Google AnalyticsでOrganicに絞って目標到達ファネルを見る方法

Google Analyticsゴールフロー

デジタルマーケティングの仕事をしている人にとって、Google Analyticsを使って自社のサービスサイトのトラフィックを分析する事は避けて通れない道です。

中でも自社のSEOを担当していて、Organic(自然検索)からの流入・コンバージョンをミッションとして持っている人もいると思います。

そういった人はGAを使ってOrganicからの流入に絞って目標到達ファネルの歩留まりをトラッキングする必要があります。

今回はOrganicに絞ってゴールフローを見る方法について説明します。

「目標到達プロセス」だとOrganicに絞って見れない

皆さんが良く使われるGAの機能の「目標到達プロセス」はコンバージョンまでのファネルを視覚的に見せてくれる便利な機能です。

上記の場合は申し込みフォームに来たセッションがどれくらいの確率でフォーム入力完了し、送信ボタンを押したかがファネルで見れるようになっています。

ただ、これでは自分の責任範囲のOrganicからの流入以外も含まれてしまうなぁ。

このように感じる人も多いと思います。

そんな方は違う機能を使う事必要があります。

「ゴールフロー」と「カスタムセグメント」を組み合わせる

ゴールフローとカスタムセグメントを組み合わせる事でOrganicからの流入に絞って目標到達までの歩留まりを集計する事ができます。

「ゴールフロー」は目標到達までの経路を見るのに便利

サイドメニューからコンバージョン>目標>ゴールフローの順でクリックしていきます。

Google Analyticsメニューバー

コンバージョンに貢献したチャネルやランディングページなどを視覚化してくれます。

赤枠部分で参照元・広告・ランディングページなど切り口を選べる仕様になってます。

Google Analyticsゴールフロー

どのチャネルやどの広告がコンバージョンに貢献しているかを見るのがとても簡単です。

カスタムセグメントを使ってOrganicに絞る方法

カスタムセグメントはめちゃくちゃ使えます。

ゴールフローだけではなくさまざな分析に使えます。

画像の赤枠部分をクリックすると、下にウィンドウが開きます。

赤くなっている「新しいセグメント」ボタンをクリックします。

サイドメニューからシーケンスをクリック。

Google Analyticsカスタムセグメントでシーケンスを切る

「デフォルト チャネルグループ」もしくは「参照元/メディア」を選択します。

Google Analyticsカスタムセグメントでシーケンスを切る

右のボックスに「Organic」と入力します。

このセグメントに名前を付けて保存します。

Google AnalyticsカスタムセグメントでOrganicに絞る

これでセグメントの設定が完了しました。

まだ「すべてのユーザー」というデフォルトのセグメントが掛かっている状態なので、▽ボタンからそれを削除します。

Google Analyticsカスタムセグメント削除

これでOrganicからの流入に絞ってゴールフローを表示した状態になりました。

Google AnalyticsゴールフローをOrganicに絞る

まとめ

今回はカスタムセグメントを使用してゴールフローをOrganic(自然検索)からの流入に絞って表示するやり方でした。

このカスタムセグメントはゴールフローだけではなく様々なシーンで役に立つ機能です。

例えば、キャンペーンLPを作ったのでそこに来たセッションのうち、次に特定の行動をしたセッションに絞ってセグメント化したい、など。

そのセグメントと全体セッションをグラフで対比して表示できたりするのでとても助かっています。(後日別記事で説明しますね。)

カスタムセグメントをとにかく使い倒してみる事をおすすめします。

 

以上

 

ABOUT ME
gejigeji
マーケティング歴9年目の34歳会社員男のブログです。主にマーケティングの仕事や転職、子育て、時に一口馬主ネタの記事を雑記で書いてます。経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職しました。子供:娘2人(2014・2017生)。2018年11月には息子が生まれる予定です。お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。