大企業あるある

大企業あるある:破綻した仕事を引き継ぐ

考えただけでもゾッとします。

もし転職していなかったらおそらく、心は病み、身体にも変調をきたし、取り返しのつかない事になっていたかと思います。サラリーマンの仕事で往々にしてあるのは、他者から仕事を引き継ぐ事です。

そして悪いケースではその仕事のスキームが既に破綻している事がしばしばあります。

営業だった自分の前職時代の例では、

  • 会社の古株のおっさんたちがバブル期のイケイケドンドンの時代にバクーっとしたドンブリ勘定で進めていたり、
  • 今ほど内部統制や内部監査がうるさく言われてない中で、今の基準ではアウトな会計処理にまみれていたりする事が多々ありました。笑

前者の例をひとつだけ、そしてもう少し深掘りすると、まぁズブズブ笑

 

 

前任者がぼったくりまくってた!

 

クライアント側の担当者も巻き込んで適当なコスト管理をしていたようで、単なるショボいデジタル系の定期案件で毎月500万円をぼったくっていたケースです。

当然、その担当者は去り自社内でもその前任者はとっくに担当を外れていたり。

 

時間はたち、クライアント側の予算管理が厳しくなり全ての案件に相見積もりをとることが方針として決定しました。そこからがもう地獄です笑

競合の見積もりと比べると10倍もする我々はもう泥棒扱いですね。笑

今更下げても、「今までぼったくってくれたね」となりますよね。不信感マックスです。

 

 

もろ刃の剣を振りかざす

 

そうなる以前から、激高い高い見積もりに気づいていた自分はアラートも上げ、企画部隊とも調整してコストを下げるように努力もしました。が、それは営業である私にとって諸刃の剣。。

 

売り上げを自分で削るという行為なのです。

それでも、クライアントの信頼を考え、削った分、他でカバーすればいい!と頑張りましたがそれも間に合わず。

 

最終的にはあっけなくその案件には競合が参入してきました。

うちの金額を削減したお金をそれにあててもお釣ができたことは言うまでもありませんね。

 

 

前任者がグレーな会計処理をしていた

 

営業はしばしば
企画部隊がグループ子会社であったりすると、彼らに対して企画を発注し、作業を依頼します。

しかしそのプロセスが超絶に煩雑なのです笑

 

同じ冠をもった会社ではあるが、それを経てプレゼ用の企画書作りやリサーチを発注しないといけないのです。

もちろんその案件が受注できるかどうか分からないとしても、発注という行為が必要です。もしそれが受注できなかった場合はさらに面倒で、追加で社内プロセスが発生します。

大昔の人たちはその企画費を他案件から持って来たりしていて、その面倒なプロセスを軽減していたのです。

 

さらに私が運が悪かったのは、その「持ってくる」案件がワンショットのものではなく継続的に続く定期案件の都度都度の企画費用だったりしたのです。笑

会社として大手クライアントの案件を総取りしたいけれど、個別案件によってはどうしてもコストが合わなかったりします。そういう場合には他の利益が出ている案件のコストとして捻出したりするのです。

 

私が新卒で入社したあたりから内部統制が非常に厳しくなり、そういった「持ってくる」行為の禁止が強く言われ始め、管理部門のチェックがかなり厳しくなった時期でした。

 

「やべ、、そんな案件ばっかりやん!!」ww

 

当然、上司にも相談して複雑に絡み合ったコストを紐解いて赤案件は報告し、解決に向けて動きはしましたが、本来やりたい仕事では当然ありません。クソほど面白くなかったし、時間の無駄でした。

 

そしてもっと最悪なケースで、「持ってくる」案件が他クライアントの案件だったりしたらもう目も当てられません。ww

綺麗にすると案件が継続できなくなりますよね笑

でも、管理部門からは明確な「不正行為」であると釘を刺されていますw

 

 

どうしろと!?

 

 

前任者を問い詰める事も無意味

 

まあ、その前任者が自分のトレーナーであったり、前々…任が部長だったりするわけですよねw

当然、相談しても煮え切らない回答しか返ってきません。そんな中、途中で私の課長になった人は、相談を受け止めてくれて一緒にひとつずつひも解いてくれました。

しかし、面白くありません。wほとんどの同期が同じような状況に遭遇していたでしょうか。引き続き不正なスキームを踏襲する者もいれば、粛々と膿を洗い出す者。踏襲すれば自分も同罪、膿を洗い出すのは本当に面白くありません。

 

 

聞こえの良いワードに食い付いて入社したものの…

 

企画提案営業!という聞こえの良い響きに食い付いて入社した私にとっては本当に現実は厳しいものでした・・・

そんな感じでクライアントからの信頼もなかなか上がらず、社内に対してトレーナー・上司に対しても不信感MAX、、、

 

そして上記以外にも先輩営業の仕事や売り上げに対する姿勢などいろいろな不満を抱えながら仕事をしていくうちに・・・ついに身体に変調をきたしはじめます。

ある日、胸の上の方が痛いなぁ。と感じる事がしばしばありました。しかし、それは水や酒を飲んだり食事を摂ったりするとやわらぐのです。おかしいなぁと思いつつもごまかしごまかし、クソみたいな仕事に奮闘をしていました。

 

そしてさらに、悪い事が重なります。激烈早朝に目が覚めてしまうのです!!

家を出る時間が8時前とすると、4時・5時に目が覚めてしまうのです!!

 

そこから頑張って「寝なきゃ寝なきゃ」と目を閉じるのですが、目を閉じているだけでまったく眠れないのです。

よくよく思うとこれは身体だけでなく、精神も病みはじめた前兆だったのかもしれません。

思い切って私は病院に行き、胸の痛みを告白、すぐに胃カメラを飲んで中を見てみる事になったのです。すると、、、

 

あるわあるわ、胃の入り口から食道にかけて無数の穴ぼこ。。

ほとんどは治って跡がのこっているだけになっていましたが・・・胃薬を処方されましたw

 

 

新卒の皆さん、転職はいいですよ!w

 

私はこのままではマズイ!と思い、転職サイト(確かリクナビNEXTだったでしょうか)に登録したのでした。

そして、1社内定が決まります。そこから上司に打ち明け退職の意向を告げると、鬼の引き留めに遭いますww

まあその様子は後日記事にするとして、私は転職をして心底よかったと思っています!

 

今となっては、自分が当初からやりたかった企画立案の仕事も出来ていますし、出社や退社などの勤務時間のコントロールも自分で自由にできる環境に身を置く事ができています!!特に転職後に結婚をし子供を授かり、前職時代ではまず不可能だった家庭・子育てへの参加ができています。

それが本当にうれしいですね。

 

前職時代ではよく子持ちの先輩社員からこんな事を聞かされていました。

夜、子供たちがとっくに寝静まった後に帰宅、朝、子供たちが寝ている間に家を出る

子供は自分の顔を覚えていない。休日にはなぜか家に居るオッサンだと思われている等々。。

当時はネタとして聞いて笑っていましたが、子供ができた自分として今かんがえるとぞっとしますね。。

 

今日も早く帰宅して、子供たちを風呂に入れました。子供2人をご飯食べさせて風呂に入れてと奥さん1人でやると相当しんどいです。前職時代の先輩の家庭は確か子供が3人くらいいたような・・・

奥さんは本当に消耗していた事でしょう。

 

今の環境に不満がないわけではありません。が、転職という自分の環境を変えるという変化を起こした結果、従前よりはるかに生活レベルそして給与レベルまで上がったという事に心から満足しています。

 

まだ先にやりたい事があり、それが今の会社ではできない事であるので、いつまでのここにいるわけではありませんが、自分の取り組む仕事や働く環境は自分から変えていける人材であり続けたいと思う今日この頃でした。

 

 

長文・駄文失礼しました。このテーマは引き続き記事にしていきたいと思います。

関連記事:大企業あるある:営業会議という壮大な雨乞い

 

 

以上

ABOUT ME
gejigeji
33歳会社員男(デジタルマーケター・プランナー)のブログです。経歴:総合印刷会社営業2007年~、某メーカー営業2011~、同メーカーマーケティング2015年~、子供:娘2人(2014・2017生)、趣味:競馬(キャロット一口馬主やってます)、夢:独立&農業(ベランダ菜園始めました)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。