ディープグルメ

ヤマザキコッペパン「生チョコレート&ホイップ」

通算11種類目のコッペパン。コッペパンについてこんなに熱く語っているのは私くらいではないでしょうか。孤独ですねwでもめげずに続けます!

今回は「生チョコレート&ホイップ」ということですが、過去に食べた「チョコクリーム&チョコホイップ」と見た目はけっこう似てます。

チョコとチョコの組合わせだったそれに比べて、チョコとホイップクリームの組合せということで、クリーミーな舌触りの中にしっかりとしたチョコの味が広がる大変美味しい一品でございました。

パッケージ

その名の通り生チョコレートとホイップクリームをサンドしたコッペパン。

「チョコクリーム&チョコホイップ」のパッケージとそっくりだったので危うくスルーしてしまうところでした。

カロリー

420kcalとシリーズのなかではかなり低め。何があったのでしょうか。

「チョコクリーム&チョコホイップ」が494kcalだったので、もしかしてホイップクリームってカロリー意外と低いのか…

コッペパン開いてみた

久しぶりにパカッ!

いやー、ばっちり生チョコレートとホイップクリームが塗りつけられていますね。

生チョコレートってなんだ?

食べる前にこんな疑問が浮かんできました。チョコに生もくそもないだろうに。

こんな時はWikipediaに疑問を解決してもらいましょう!

生チョコレートは、チョコレート生地に生クリームや洋酒を練り込み、柔らかい食感をつくり出したもののこと。 公正取引委員会が認定した「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」は、チョコレート加工品のうち、クリームが全重量の10%以上であって、水分が全重量の10%以上となるものを生チョコレートと表示できるとしている。

Wikipediaより

生クリームが入っているから生チョコレートと言うんですね!

実食

はい、美味い。ホイップクリームがかなり柔らかいのでチョコの重みを緩和してくれる感じです。

まとめ

コッペパンシリーズは相変わらず安定感がありますね。

チョコ系でこんなにもバリエーションをだしてかつ、違いを主張できるのですから。

さすがヤマザキ製パンの商品開発力ということです。

100種類以上はあると言われているコッペパン。まだ11種類目。

まだまだ私のコッペパン人生は続きます。

ABOUT ME
gejigeji
マーケティング歴9年目の34歳会社員男のブログです。主にマーケティングの仕事や転職、子育て、時に一口馬主ネタの記事を雑記で書いてます。経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職しました。子供:娘2人(2014・2017生)。2018年11月には息子が生まれる予定です。お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。