デジタルマーケティング

マーケティングの基本的なプロセス「4C」を解説するよ

前回に続いてマーケティングの基本的なプロセスとフレームワークについて説明していきます。

今回は4Cについてです。

4Cを意識しないと消費者目線がポコッと欠落してしまい、マーケターの活動がただの自己満に終わってしまいます。

世の中には大量の広告が氾濫しています。

マーケターが作る広告が企業の自己満に終ってしまうと消費者の頭の中に残るはずもありません。

そうならないためにも4Cはとても大切なプロセスなのです。

4Cとは

4Pと同じく4つの要素の頭文字をならべた言葉です。

大きな違いは、4Pが企業側からの目線であるのに対して、4Cは消費者側からの目線であることです。

これらが4つのCです。

  • Customer value(顧客にとっての価値)
  • Customer cost(顧客の費用)
  • Convenience(入手容易性)
  • Communication(顧客とのコミュニケーション)

これらは、4Pと対にして考える必要があります。

Customer value(顧客にとっての価値)

4PのProduct(製品)と対になる要素です。

例えばドリルがあるとします。

これはProduct すなわち企業側から見るとただの穴を空けるための製品ということになります。

これを消費者の目線Customer value で考えると、ただのドリルそのものに価値があるわけではないのです。

穴を空けたその後に作り出される椅子や机などの家具が消費者にとっての価値なのです。

もっと踏み込むと、その家具を使った便利で快適な暮らしこそが消費者にとっての真の価値なのです。

そういった考え方をCustomer value といいます。

Customer cost(顧客の費用)

顧客がそれを手に入れるのにどれくらいのコストを支払う必要があるのかを考えなければいけません。

それがCustomer cost の考え方で、企業側が一方的にPrice(価格)を決めてもダメで、顧客側のコストを織り込んで価格を設定する必要があるのです。

顧客のコストには金銭的なコストはもちろん、時間や心情的な負担も考慮する必要があるのです。

Convenience (顧客の利便性)

消費者がその製品やサービスを手に入れやすくする必要があります。

4PのPlaceを顧客目線で利便性をあげることですね。

コンビニの24時間営業やインターネット通販はConvenience の点で顧客から絶大な支持を得て一気に世に広まっていきましたよね。

Communication(顧客とのコミュニケーションに)

一方的にプロモーションで自社の製品をプッシュするだけではダメで、顧客の声にも耳を傾ける必要があります。

AmazonやGoogleは、顧客により便利に効率よくサービスを使ってもらうためにヘルプコンテンツを充実させています。

色々なメーカーがコールセンターを設けて顧客からの生の声に耳を傾け、製品やサービスの改良に努めています。

まとめ

4Cがとても大切なプロセスだということはご理解いただけたと思います。

企業に属するマーケターが広告のクリエイティブやコピーを作るときはCustomer value を強く意識しなくてはなりません。

意識して作るのとそうでないのとでは出来上がる広告のクオリティも天と地ほどの差が出てきます。

ぜひちまたに溢れる広告をそういった目線で見て見ることをおすすめします。

そのマーケターがどれを意識してるのか、はたまた意識ができてなく自己満足に終わっているのかを感じとることができて面白いです。

次回の記事はマーケティングの基本の最終編、「マーケティングミックス」に進んでいきますのでよかったら読んでもらえると嬉しいです。

関連記事:マーケティングの基本的なフレームワーク「マーケティングミックス」を解説するよ

 

以上

 

 

ABOUT ME
gejigeji
33歳会社員男(デジタルマーケター・プランナー)のブログです。経歴:総合印刷会社営業2007年~、某メーカー営業2011~、同メーカーマーケティング2015年~、子供:娘2人(2014・2017生)、趣味:競馬(キャロット一口馬主やってます)、夢:独立&農業(ベランダ菜園始めました)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。