デジタルマーケティング

マーケティングミックスとは?初心者向けに3分で解説するよ!

マーケターの方はマーケティングミックスってよく聞きますよね。

何となくわかっているようで、わかっていないような。

ふわっと意識しているという方も多いと思います。

この記事を読めば、マーケティングミックスとはどのようなプロセスの事なのかをバシッと語れるようになります。

特にマーケティングの仕事にチャレンジして日の浅い方にも読みやすいように意識して記事を書いていきます。

マーケティングミックスとは

先日の記事で説明した4P(Product, Price, Place, Promotion)を組み合わせる行為をマーケティングミックスといいます。

関連記事:マーケティングの基本的なプロセス「RSTP」と「4P」を解説するよ

マーケターが日々面と向かっている物事の中では彼らにはコントロールできない事がたくさん存在します。

天災や世の中の流行り廃り、事件など。

この先の未来もどんどんとコントロール不能な事象が起こり世の中は変わっていきます。

マーケターはそういったものに対応しながら人々の課題を解決すべく価値を提供しなくてはなりません。

そのためには彼らにもコントロールすることができる4Pを駆使し、それらを上手く組み合わせることで消費者に価値を提供するのです。

4Pを適切に組み合わせないと何が起こるか

ターゲットに正しく価値を提供できなくなります。

売上があげられないという事態に陥ります。

4Pはただ単に組み合わせるだけではだめで、適切に組み合わせる事が大事なのです。

例えば、美白のスキンケア用品というProductを消費者に提供したいのに、広告頭に松崎茂を起用して販売促進施策(プロモーション)を実施してみた場合をイメージしてみてください。

売れるわけ無いですよねw

ここまでProductとPromotionの整合性が取れてない事例はまずないでしょうが、各要素間のバランスが微妙に違うだけで消費者に受け入れられなくなってしまうものなのです。

4Pが上手く組み合わさると強い

ターゲットに正しく価値を届けられるようになります。

すなわち売れるということです。

少し古い例では綿棒があげられます。

元々は医療用のProductだったはずなのですが、耳掃除に役立つ事をPromotionしたことで瞬く間に一般の家庭でも使われ、消費量が増えたというわけです。

綿棒にはもう1つ面白い話があります。

従来の常識であった白という色に対して黒の綿棒を展開した会社がありました。

黒い綿棒で耳垢がごっそり取れた感を煽ったわけですね。

このように、製品(Product)を変え、その他のPと組み合わせることで新たな市場を作り出し売上を上げるケースもあるのです。

最近ではインターネットが発達し、多くの人が店舗に足を運ばずとも物を買ったり売ったりできる時代になりました。

これまでリアル店舗で戦ってきたメーカーや小売はPlace(流通)においてネット通販を強く意識して戦略を変える必要に迫られました。

インターネットに特化したアパレルも出てきているように各社がそのときそのときの状況に合わせてマーケティングミックスを見直し、進化してきているのです。

マーケティングって面白いですよね。

まとめ

マーケティングミックスは意識せずとも無意識に実践していることが多いのですが、正しく組み合わせる事を意識して使うことでアウトプットの質がかなり変わってきます。

狙った通りの結果になったときは嬉しいものです。

狙った通りの結果にならなくても思いもよらなかった層から支持を得て売れてしまうこともあります。

それもマーケティングの面白いところの1つなのです。

 

 

以上

ABOUT ME
gejigeji
マーケティング歴9年目の34歳会社員男のブログです。主にマーケティングの仕事や転職、子育て、時に一口馬主ネタの記事を雑記で書いてます。経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職しました。子供:娘2人(2014・2017生)。2018年11月には息子が生まれる予定です。お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。