キュウリ

ペットボトルでキュウリ栽培に挑戦!

先日、娘とケーヨーデイツーにナス用の支柱を買いに行きました。娘が「ヒマワリ買おう!」なんて言い出すので、即却下して逆提案として「買うなら野菜やろ!」ということでキュウリの苗を衝動買いしてしまいましたw

そろそろベランダのスペースがプランターで圧迫されてきたので、今回のキュウリはペットボトルで育ててみようと思います。

超簡単にペットボトルを加工したのでその手順を記事にしておきます。ちゃんと育つかどうかはお楽しみ(^^)

 

2018年7月4日追記

生姜がダメになってしまったので、空いた植木鉢に移植してしまいましたm(__)m


 

 

ペットボトルを加工

 

上部の口の部分を切り落とす

本当はもう少し大きめでやりたかった…

 

底に穴を空ける

キリを使えば簡単に小さな穴をあけることができます。ペットボトルの加工はこれだけです。

 

 

石と土を入れる

 

石を底に2.5cmくらい敷き詰めます。

ここから娘が邪魔しに来ました。手伝ってくれました。

培養土を入れていきます。

今回買ったのはアイリスオーヤマの培養土。花・野菜用です。粒状培養土ということで、鉢底石が要らないと書いてありますね。。石敷いちゃいましたw(・∀・)マ、イイヤ!!

ペットボトルに娘が小さな手でせっせと詰めていきます。やたら時間掛かります。イライラしますwこういう時には「仕上げはお父さんねー」とか言いながら強奪バトンタッチすると娘も気分よく手渡してくれます((´∀`))ケラケラ

 

 

苗を植え付ける

 

苗が収まる範囲を残して培養土を入れたなら、いざ植え付け!

ビニールから外した苗を娘に手渡して、スポッといれてもらいました。うん、いい感じ!かな?w

やっぱペットボトルが小さ目なのが気になるなー。2Lのペットボトルが手に入ったら移植しようかなあ。ま、しばらくはこれで!

これに買って来た支柱を2本ぶっ挿して完成!!

ベランダに転がっていたステンレスの網とS字フックを利用して物干し竿かけに固定する事ができました!これで日光がよくあたるはずです。布団を干す時にいちいち外さないといけないですが。。ま、干すのは私なのでOK!((´∀`))ケラケラ

 

こうしてみるとほんとベランダが狭いですねぇ。大分県に住んでいたときはこの倍以上はあるベランダの家に今よりもっと安い家賃で住んでいました。つくづく東京での暮らしって不利だなぁと思いました。仕事頑張ってさっさとスキルつけて早めに田舎に移住しよう(^^)

 

 

掛かった費用は約470円!

 

  • キュウリの苗:213円
  • 支柱2本:124円
  • 培養土1/3袋:133円
  • 鉢底石:買ったのが昔すぎて忘れた((´∀`))ケラケラ

キュウリって1本いくらくらいですかね、だいたい50円くらいですかね。10本収穫できれば元がとれますね。

という事でめざせ10本!まずはしっかりと育ってツルを伸ばしておくれ~!

 

 

以上

*ベランダ菜園仲間とつながりたいです!お気軽にコメントやTwitterフォロー・いいねもらえると死ぬほど喜びます!

 

 

 

ABOUT ME
gejigeji
マーケティング歴9年目の34歳会社員男のブログです。主にマーケティングの仕事や転職、子育て、時に一口馬主ネタの記事を雑記で書いてます。経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職しました。子供:娘2人(2014・2017生)。2018年11月には息子が生まれる予定です。お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。