一口馬主

必勝!POG初心者のためのドラフト戦略

今週はダービーですね!POGやってる人は自分の指名馬がダービーの出馬表に名を連ねてるだけでワクワクしますよね。

私もそうでした。

ちなみに私、ワンアンドオンリーでダービー初制覇したときなんかはメチャメチャ嬉しかったなぁ。翌年もドゥラメンテでダービー2連覇し、めちゃめちゃテンション上がりました。

逆に指名馬が1頭もクラシックに参戦してないと本当につまらないw

一口馬主でもダービー出走のワクワクを味わってみたいものです(^^)

 

ダービーが終るとまた新たな年度のPOGが始まると思います。中にはダービー観戦後に飲み屋に集まってドラフト会議をやるなんて超絶楽しそうなことしてるサークルもあるのではないでしょうか?

今回はPOG初心者がドラフト会議前に指名馬をチョイスして準備をしておく際に役立つ戦略的なリストの作り方をまとめたいと思います。

戦略的にリストを作ってドラフトに臨むと結果がかなり変わってきます。

この記事を読んでくれた方が来年のダービーの時期に盛り上がれますように。

指名可能頭数に合わせて方針を決める

例えば全部で10~15頭の指名が可能な場合、こんな感じの方針をザックリ立ててました。

私のPOGサークルのライバルたちは牡馬をメインに狙ってくる人たちだったので、あえてしっかりと牝馬を含むようにリストを作ります。

確かにオークスよりダービーの方が賞金が高いので取れれば大きいですが、そのぶん競争も激しいです。牝馬でコツコツをボティブローのように賞金を積み上げるのも大切です。

1~5位候補:ダービーやオークスを狙う。

  • 計10頭をリストUP(牝馬5頭、牡馬5頭)
  • 社台系かつ話題の馬
  • 活力のある牝系

6~10位候補:手堅く賞金を稼いでもらう。

  • 計10頭をリストUP(牝馬は最低でも1頭は指名したい)
  • 兄弟や近親にPOG期間中の重賞勝ちもしくは産駒の勝ち上がり率が高い(50%以上が良い)

11~15位候補:ギャンブル

  • 計10頭をリストUP
  • 好きだった牝馬の産駒を入れる
  • 新種牡馬や繁殖初仔を入れる
  • 白毛とかネタ馬を1頭入れるのもありw
    • シラユキヒメ一族はなにげに勝ち上がり率が良く、堅実に賞金を稼いでくれてましたw

ギャンブル枠を入れた方が絶対に笑えてオモロイですし、それが走ったりしたらさらに楽しいです!

情報を収集する

POG本を選ぶ

初心者の頃は何冊か買っていたのですが、どれも内容に大差ありません。1冊で十分です。私が2012年からずっと愛用しているのがこの「POGの王道」シリーズですね。

丹下日出夫氏と鈴木淑子氏が実際に生産・育成地におもむいて若駒を評してくれています。

ここから上記方針にのっとりピックアップしていきエクセルにまとめていきます。

Netkeibaサイトをチェック

POG本が刊行された後にも競走馬の育成は着々と進みます。候補にピックアップした馬が順調かどうかの情報収集をドラフト直前で実施する事は必須です!これけっこう重要です。

POG初参戦した際、2006年のセレクトセールで歴代トップの売却価格(当歳馬に対してなんと6億円!)を記録したトゥザヴィクトリーの2006(後のディナシー)をドラフトで1位で指名したんですよね。

ドラフト会場(ただの居酒屋の席w)はどよめきました。。実はこの馬、セール後に牧場で雷に打たれて競争能力を失ってしまっていたのでした。

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

ふつうにNetkeibaの掲示板などをチェックしていれば指名をまず回避できていたのですが、それをしていなかった私は大恥をかいてしまいました。

ほんと恥ずかしかったw

そんなだからこの年は完敗でしたね。初心者の皆さん、リストを作って安心してはいけません!直前までしっかりアンテナを張ること((´∀`))ケラケラ

結果こうなる

上記のプロセスを怠る事なく方針に従い進め、万全の体勢でもってドラフト会議にのぞむとこんな感じの指名馬となりました。

2012-2013シーズン

上位には活躍馬を兄弟に持つ面々や母が活躍した面々をそろえてますね。

1位でエリピク一族のレッドアリオンを取りに行っているあたり評価できますね。実際に6,835万円稼いでくれてます。

最下位指名のコウヨウミラクルは完全にネタというか母のアサヒライジングが好きだったからですねw

シーザリオにスティンガーやオイスターチケット、エアトゥーレ、ダンスインザムードなど人気どころけっこう当たり引けてますね!

2013-2014

ワンアンドオンリーでダービー制覇!

1位にウオッカ産駒のボラーレ取りに行ってるあたり結構無茶してるなぁww

しっかりとエリピク一族のサトノルパン押さえてるあたりさすがですw

ワンオンとトゥザ取れてたらそりゃあ負けませんよね!

3位で指名したサングレアル(ブエナビスタの妹)がフローラSを勝ってくれたのはうれしかったですね。やっぱ牝馬って大事(^^)

2014-2015

6位でブチコ(白毛)かよ!!wギャンブルしてるなぁ~。

まあでもディープとキンカメに絞っているあたりはそれほどギャンブルした感は当時なかったのかもですね(^^)

ドゥラメンテ取れてなかったら最下位だったでしょうww

まとめ

という事で今はネットで情報の格差がベテランと素人でもあまりなくなっています。POG初心者の方もしっかり準備すれば絶対に良い結果が出せますので、いろいろと妄想して作戦を練って渾身のリストを作ってドラフトに臨むようにしましょう。

あー、、またPOGやりたくなってきたなぁ。誰か、私と一緒にPOGをやって下さる方、いらっしゃいましたらコメントなりTwitterのDMなりください!

仲間に入れていただけると嬉しいです(^^)

関連記事:2018年キャロットクラブ出資馬への期待値

 

以上

 

 

 

 

ABOUT ME
gejigeji
マーケティング歴9年目の34歳会社員男のブログです。主にマーケティングの仕事や転職、子育て、時に一口馬主ネタの記事を雑記で書いてます。経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職しました。子供:娘2人(2014・2017生)。2018年11月には息子が生まれる予定です。お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。