大企業あるある

大企業あるある:レッドオーシャンを悲しく泳ぎ回る

今回は巷にうようよ居るであろう新卒でこの4月に大企業に入社された方に読んでもらいたい記事です。

またしても新卒時代に入社した前職での話。

「またxx社さんですか、昨日も電話きましたよ!

担当するエリアとか分けてもらえますか?正直迷惑です」

 

新規の得意先の開拓のために電話で営業をかけていました。新規のアポとりですね。

このような言葉をよく言われました。

営業ならよくある話じゃん。むしろ誇れよって思う人もいれば、

生産性低っ…て思う人がいるかもしれませんね。

私はまったく誇れませんでしたww

「営業によって提案できる内容も全く変わってくるのが弊社の特徴なんです!MMMMっていう課題を御社はお持ちだという仮説のもと、EEEEEっていう企画を考えてみたりしました。もしよかったら15分だけでもいいんです。お時間をいただけないでしょうか?」

 

 

レッドオーシャンで獲物を探す

 

トークフローを作るのは結構大事ですよね、新規のアポ取りは。

15分でダメなら5分とかw

あの手このてで食い下がります。

「資料送っといてください」

 

企画書を送った後も再度電話。もちろん数日たってから。

「資料ご確認いただけましたでしょうか?」

 

地道な作業ですよね~。でも愚直にやってるとけっこう担当者に会えるものです。

こういったアプローチの前段階として新規開拓のターゲットリストを作ります。

空いている時間などにリストをつぶしていきます。

日経テレコンなどの与信情報を見て問題なければ電話や飛び込みでアプローチをかけます。

電話かけずに飛び込みで行くときもありましたね。

 

 

レッドオーシャンで獲物を獲りあう

 

とある会社から新規案件を受注した時の話。

提案のコツや親和性のある業界情報などをひとしきり隠す上司でした。

「となりの課に聞かれたら仕事取られるぞ」

てきな感じですw

 

他課にシェアしないわけではないですが、一通り自分の課内で水平展開してからぼちぼちシェアみたいなw

そんなみみっちい考えでいいのか?といつも思ってました。

 

自課の売上だけでなく会社全体の売上やノウハウの蓄積に貢献することをもっと評価する仕組みがなかったからなのでしょう。

もしくは業界が完全に成熟していて、パイを食い合うしかないからかもしれません。

 

そういった考えでは新しい価値を作ると言う考えに思考が向かないんですよね。

レッドオーシャンのなかの小さなエサをもとめて我先にひたすら泳ぐだけ。

気付いたら酸素なくなっちゃうパターン\(^o^)/w

 

 

海を変えてみると景色が一変

 

そういった海を泳ぎ続けるのはマジで辛いです。

頑張っても頑張ってもなかなか仕事とれませんし。

そもそも自分がアプローチする前に何人もの人たちがアプローチしてきてたりしますからね。

 

自分を責めても仕方ないです。

業界がジュクジュクに熟しているのに自分を責めてしまってはいけません。

そうなったら業界をかえればいいんです。転職です。

売るものや会社が変わると営業スタイルも働き方もガラッと変わりますからね。

 

前職の辞表を出す際は、上司から「転職して成功した人みたことない。」と言われました。

最近はあまり言わないのかな?どうなのでしょうか。

*最近転職された人で前職の上司からの引き留めでどのような事いわれたか、エピソードを教えてもらいたいですね。ほんと最近の日本の大企業はどうなんだろ。

長らく離れているので雰囲気がわかりませんね。すくなくとも自分が転職した際はそんな感じでした。

 

 

転職してよかった事

 

  • 転職して年収あがった
  • 労働時間も減った
  • オフィスも快適な環境に
  • 事務処理の量も減った
  • 営業から企画にキャリアシフトできた

 

自分の泳いでいる海が赤い事に気付けて、転職して本当によかったと思っています。

環境を変える事でより営業に専念でき、成果を出し、キャリアの幅を拡げられたと思ってます。

 

 

そんな現状に甘えることなく、もっともっと世の中に価値を生み出すよい仕事がしたいですなぁ。

という事で新卒の皆さん、特に営業に配属さてた皆さん、

会社の先輩たちの目が死んでる、がんばってもがんばっても売上達成できる気がしない。

そんなことを感じた時は転職して会社や業界を変えてみるのもいいと思います!

 

 

以上

 

 

 

ABOUT ME
gejigeji
マーケティング歴9年目の34歳会社員男のブログです。主にマーケティングの仕事や転職、子育て、時に一口馬主ネタの記事を雑記で書いてます。経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職しました。子供:娘2人(2014・2017生)。2018年11月には息子が生まれる予定です。お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。