デジタルマーケティング

壊れてきた!?管理職の症状

私の上司が壊れてきまたかも知れませんw

同僚が私たちの上司について最近様子がおかしいと、元上司に相談をした内容です。ざくっと要約しながら紹介します。同僚がおかしいと思った点はこんな感じ。

  1. 席にいるのを嫌い、カフェテリアか自宅での作業が増えた。
  2. 誰かとランチに行くのを避け、1人でランチに行くことが増えた。そのために、11時から行くことも多い。
  3. ランチの時に、自分以外の人が話している間、話を聞いていないか上の空なことがある。
  4. 席にいる時の独り言が増えた。
  5. 席にいる時の独り言の声量が落とされるようになったので、何を言っているのかわからなくなった。
  6. チームの管理が疎かになった。声かけがなくなった。決済や承認も忘れたり行わないことが多くなった。
  7. 社員との交流が減った。参加表明していた飲み会はほとんどが不参加に変更されるようになった。
  8. 担当案件で、会議には参加せず、自分一人でできる作業を引き取り、一人で動くことが多くなった。その結果、同じ案件担当者からも実態が見えにくくなった。
  9. スケジュールを守らなくなった。スケジュールを引かなくなった。
  10. 席でいつもため息をついている。
  11. 席で下を向いて固まることが散見されるようになった。
  12. 嫌いな人(=代表はVVさん)とますます関わりを避けるようになった。その人への批判の発言も増えた。
  13. 会社は何もしてくれない、会社のために頑張る必要はないということをますます言うようになった。
  14. 案件上、他部署と調整・相談する必要がある時に、ますますそれをやりたがらなくなり、やる前から意見されることを嫌い、それを非難や否定だと捉えるようになった。

管理職ってやはり辛いんですかねーw ランチくらいほっといてよって言えないんですかねw

同僚の考察がまたオモロイw けっこうイライラさせられてるんでしょうねw

  1. 学歴コンプレックスがあるのではないか?東大卒だからって、いい大学を出ているからといって、、という発言が従来からある。
  2. 学歴コンプレックスの裏返しで、自分は優れた人間であり、馬鹿な人とは関わりたくないと考えているのではないか?
  3. 同じく裏返しで、ジェフ・ベゾズ、ホリエモンといった著名人の本をよく読んでいると聞いているが、その人たちの発言を引用することで自分のやり方を擁護したり、彼らの発言を指針としている。そのことで、自分は他人より優れているとおもってしまっていないか?自分のやり方は超一流なのだ。そうでない人は理解していない、誤っている、君たちは何もわかっていない、というように。

同僚は社会学や心理学を専攻していたのですが、このように見えているそうです。

YYさん(上司)が著名人を信奉する様は、あたかも1つの宗教的信仰のようでして、見た目は宗教ではなくともあたかも宗教のように、本人の認識・思想・嗜好・行動といったすべてを規定する契機となり、規定された当人にとって見える社会や世界は、そうでない人とはかなり異なるものになることがあります。

一方で、社内ではXXさん(元上司)という、YYさんが唯一相談できる人がいなくなったことが影響しているのではないかと評価している方が複数いらっしゃいましたが、正直わかりません。

 

日々、隣で仕事をしており、これまで毎日密接に上司と接して同僚にはそれらの症状が一気に加速したように見えています。

にしても上司はきてますねー。このままストレス貯め続けて鬱で壊れちゃわないか心配です。こんなに嫌だったら会社辞めたらいいのにって思いますよね!って、先に俺が辞めちゃうかもw

 

 

 

以上

 

 

 

ABOUT ME
gejigeji
江戸川区での子育てライフに役立つ記事を書いてます。(子育て支援、おでかけ、便利グッズ、グルメ情報から、時に趣味の一口馬主ネタ。)経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職。子供:娘2人・息子1人(2014・2017・2018生)お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。