便利グッズ

洗面台ホーローの傷やサビをDIYで補修してみた

ボンドホーロー補修用と紙ヤスリセット

掛かった時間は約45分、金額は500円。我ながら簡単お手軽にホーロー補修ができましたのでその方法を紹介します!(パテの乾燥時間は含めません。)

洗面台のホーローの穴や傷は放っておくとサビが進行し、水漏れを起こしてしまいます。2003年1月築の中古マンションのgejigeji家には長年放置されてサビが進行した箇所がありました。


スポンサーリンク

補修前の洗面台ホーローの傷とサビ

洗面台ホーローの傷とサビ中央やや左の傷と排水口の縁のオーバーフロー穴の縁の傷を修理していきます。

傷が一番深いのが排水口の縁の部分で、かなり赤黒いサビが目立ちます。

洗面台の排水口の縁の傷が錆びたここが最大にして最難関の傷。金具とホーローの隙間に入り込むようにサビが進行しています。
gejigeji
gejigeji
だいぶ錆びてるなぁ。このままだと水漏れしちゃうかも…
ホーローが削れたような穴中央やや左にはホーローが削れたような穴があり金属がむき出しに。

ここは排水口の部分に比べるとまだ赤黒くはなってはいませんが、大きくて目立ちます。

geji妻
geji妻
業者さんにホーローは直せないって言われたのよねぇ…
オーバーフロー穴のサビオーバーフロー穴部分も赤黒いサビが。ここは水に頻繁に触れるわけではないのにこんなにダメージを受けているのは不思議です。

まずは修理に取りかかる前にホーローについてよく知っておきましょう。

ホーローとは

鉄やアルミなどの金属にガラス質の釉薬を焼き付けた陶器で、漢字で書くと琺瑯(ほうろう)と書きます。錆びやすいが物理的な衝撃に強い金属と、錆びないが物理的な衝撃に弱いガラス質をうまく組み合わせた素材です。

酸などに強いため、洗面台の他にも調理器具などにも使用されています。

ガラス質の部分は衝撃に弱いため、化粧品の瓶などを洗面台に落として割れてしまうことがよくあります。gejigeji家もそうです。

ホーロー補修に使った道具と価格

ボンドホーロー補修用と紙ヤスリセットホーロー補修用のパテと耐水紙やすりセット。
  • 紙やすり(#120、#240、#400):188円
  • ホーロー補修用パテ:364円
  • 割り箸
  • 歯間ブラシ

基本は紙ヤスリとホーロー補修用パテのみで作業は完結します。gejigeji家は補修箇所が細い隙間に入り込んでいたので割り箸や歯間ブラシが役に立ちました。

サビ削りには#120以下の紙ヤスリを用意

紙ヤスリには規格があり、#が小さくなるほど目が粗くなります。補修箇所がサビている場合は#120以下の目が粗い紙ヤスリでサビを削り落とす必要があります。サビが無い場合は#200と#400があれば十分です。

#120、#200、#400がほどよいサイズにカットされてセットになっているこちらの製品がおすすめ。

【ネコポス対応】FS 耐水紙やすりセット中 紙ヤスリ #120・240・400 DIY、ホビー、キッチンやトイレの掃除に

created by Rinker

補修作業手順

サビ取り

洗面台ホーローのサビをヤスリでけずる

割り箸の先に#120の紙ヤスリを貼り付け、ゴシゴシと擦ります。あまり削りすぎると穴が空いてしまいそうで怖かったので、赤い色が無くなり黒い部分のみになった時点でサビ取りは終了しました。

ホーロー補修用のパテを混ぜる

小皿にラップをし、パテを混ぜる小皿にラップをして、その上でパテを混ぜます。

緑のキャップと黄色のキャップのチューブを同量で混ぜます。

ホーロー補修用のパテを混ぜる適度に混ぜたらいざ補修箇所へ。

すぐに混ざりますのでそこまで念入りに捏ねなくて大丈夫です。作業途中で足りなくならないように少し多いと感じるくらいの量にしておくと良いでしょう。

コニシ ボンドホーロー補修用 ホワイト 8gセット

created by Rinker

ホーロー補修用のパテを塗り付ける

パテを塗り終わった洗面台のホーロー

付属のヘラで塗り終えた洗面台のホーロー。まだ完成ではないですが、ダメージを受けていた部分が隠れるだけでも見映えが全然違いますね!

細かな部分には爪楊枝やその他細い道具を使って塗るとスムーズです。gejigejiはちょうど洗面台にあった歯間ブラシの柄を使って細い隙間にパテを塗りました。

歯間ブラシの柄を使って隙間にパテを塗る

排水口周りはかなり難易度が高かったですね。金具部分に付いたパテはティッシュなどで拭き取れば問題ありません。落ち着いてゆっくりと塗ってくださいね。

パテを塗り終えた排水口パテでホーローの穴を埋めたオーバーフロー穴部分もパテで補修

塗り終えたら3時間以上乾燥させます。ついうっかり家族の誰かが洗面台を使ってしまわないように使用禁止と書いてテープを貼っておくことをおすすめします。

紙やすりでホーロー補修用のパテを磨いて表面を滑らかに

洗面台ホーローのサビをヤスリでけずる

まずは#120の紙やすりで凹凸をなくしていきます。割り箸の先に貼り付けると鋭角になった部分の端にも力を加えられて良い感じでした。

洗面台のホーローの傷を補修して紙やすりで磨く

仕上げに#400の紙やすりで磨きあげて表面を滑らかにすれば完成です。

紙やすりで磨き終えたホーロー
geji妻
geji妻
え!?凄く綺麗になったね!

妻もとても喜んでくれたようで良かった!

まとめ

ホーローは補修できないと言われましたが、この程度であれば全然できますね!傷の表面を磨くのも電動の研磨機など必要なく、紙やすりで事足りました。

gejigeji家は錆びるまで傷を放置でしたが、傷が付いたらすぐに補修することをおすすめします。意外と簡単ですよ~。


スポンサーリンク
ABOUT ME
gejigeji
江戸川区民6年目の3児の父。江戸川区での子育てライフに役立つ記事を書いてます。(子育て支援、おでかけ、便利グッズ、グルメ情報、災害、時に趣味の一口馬主ネタ。)経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職。子供:娘2人・息子1人(2014・2017・2018生)お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。