子育て

プーさんメリーの耐用年数と良かった点と気になった点

プーさんメリー

我が家では長女・次女・長男と6年にわたってディズニーのプーさんのメリーを使って来ました。

その後、1年の長期保管した後、7年目に再度動かそうとした際、パラソルが回転しなくなっていました。

我が家の耐用年数は6年という結果でしたが、その間は大活躍してくれたプーさんのメリーの良かった点や気になった点について解説していきます。


スポンサーリンク

メリーの選び方

使用期間を考えて電動か手動か選ぶ

メリーには電動と手動の二種類があります。

2人目、3人目、はたまた20年・30年と先の孫の代にまで受け継ぎたい人は手動のメリーにした方が良いです。

電源・電池まわりのトラブルがないですし、駆動部分の劣化もマシでしょうからね。

それほど長期の利用を考えていない場合は電動の一択で良いと思います。

プーさんメリーは電動なのですが、6年間はバリバリ動くので、大事に使えばそれほど気にしなくても良いかもしれません。

役目が終わったらすぐにでもメルカリなどで売れますしね。

子供が育って使うことがなくなったら早目にメルカリやジモティーなどで売ることをおすすめします。我が家のように長期保管するとパラソルが回転しなくなる可能性があります。

 

プーさんメリーがメルカリで売れる

同じタイプのメリーが2,400円~3,500円で売れてます。

買ったときは10,000円弱でしたが、売れる値段も踏まえて予算設定するのも良いのかもしれませんね。

ベビーベッドのサイズに合わせる

どういう場所で使うかも重要な判断材料です。

特にベビーベッドを使っている人は、ベビーベッドとの相性も考えなければなりません。

外国メーカーのメリーは幅が広すぎてベビーベッドと合わないケースが時々あります。

幅が合うかキッチリと確認してから購入するようにしましょう。

失敗とまではいかないのですが、うちの場合はメリーとベビーベッドの足の奥行きが微妙に合わずでした。

メリーは1人目の時代から、ベビーベッドは3人目から使い始めたので仕方ありません。

何ならメリーの存在すら忘れかけていたくらいです。

プーさんのメリーを普通にベビーベッドに置くとフレームが真ん中辺りにまで来てしまいます。

これでは赤ちゃんの寝そべる面積が狭くなってしまいます。

ただし、これは後程紹介する便利機能で解決できます。

プーさんメリーの良かった点

成長に合わせて形を変えられる(6Way)

6Wayプーさんメリー1~3Way

このメリーはベビーベッドの柵などに取り付ける事ができます。

この機能によってベビーベッドとのサイズの相性問題を克服できました。

プーさんメリーをベビーベッドに直接取り付けた

このように直接取り付けてしまえば良いです。

プーさんメリー6Way4~6

赤ちゃんを地べたに寝かせる場合は、Step2のように最下段にバーをセットして、赤ちゃんの頭上に置く感じです。

手をパタパタ自由に動かせるようになってきたらStep4のようにバーを1段上げてモビールをバーに吊るして使います。

つかまり立ちをするようになったらパラソルを外してバーに捕まれるようにします。

Step6のように電動部分は上を向けることも出来ます。

つかまり立ちでも遊べるこのメリーで子供たちは2歳近くまで遊んでいましたね。

安定感がある

プーさんメリー6Way

赤ちゃんが捕まって体勢を崩した拍子に一緒に倒れる、、なてことは1度もありませんでしたね。

足の裏側にはラバーが付いており、滑りにくくもなってますので赤ちゃんが捕まっても安定しています。

メリーの気になった点

音がうるさい

プーさんメリー説明書1

メロディのバリエーションが多いです。

安らぎメロディで9曲、ご機嫌メロディで10曲もあります。

プーさんメリー説明書2

音が鳴る事に気付くとやたら鳴らされてしまいます。

音量の調節ボタンがあるのですが、それを子供が操作できるようになると頻繁に音量をMAXにされてしまいます。

テレビとか見ているとけっこう聞こえなくなります。

時には心を鬼にしてスイッチを切る事も…

胎内音が流せるのはかなり良いです。

不思議とうちの3番目の子は大人しくなることが多いです。

パーツを外して散らかす

プーさんメリー分解図

ネジ穴にはめるピンクのカバーをやたら外したがります。

そして外したらそれをそこら中に放り投げます。

メルカリで売りたい人は、パーツを無くさないように気を付けましょう!

6年間使用した後、1年間保管しているとパラソル部分が回らなくなった

もう使うこともないと思い、1年間保管していたメリーをメルカリで売ることにしました。

動作確認してみると、パラソル部分が回らなくなってしまっていました。

パーツを分解してみると、何やらパラソルの付け根部分がベタベタになっています。おそらくもともと塗布されていた潤滑剤のグリスが経年劣化したことが原因のようです。

 まとめ

家の用事を済ませたくて赤ちゃんにはもう少しだけ大人しくしといて欲しい!

そんな時に助けてくれるのがこのメリーです。

少々の大きな音はメリットを考えると全く気にならないレベルです。

耐用年数は我が家の実績では6年でした。

この記事がメリーの購入を検討されている方の参考になると幸いです。


スポンサーリンク
ABOUT ME
gejigeji
江戸川区民6年目の3児の父。江戸川区での子育てライフに役立つ記事を書いてます。(子育て支援、おでかけ、便利グッズ、グルメ情報、災害、時に趣味の一口馬主ネタ。)経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職。子供:娘2人・息子1人(2014・2017・2018生)お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

POSTED COMMENT

  1. […] 関連記事:ディズニーのプーさんメリーを使って5年目を迎えたのでレビューしてみる […]

  2. […] 関連記事:ディズニーのプーさんメリーを使って5年目を迎えたのでレビューしてみる […]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。