ディープグルメ

悪魔的辛さの袋麺「18禁カレーラーメン」

これはヤバい。これはマジで食べてはいけないやつです。

今まで食べた激辛ラーメンのなかでも群を抜いてた。。

もはや「辛い」というより「痛い」ですね。

麺を食べきるのに45分もかかり、、、スープなんて飲む気も起きませんでした。

辛いもの好きのプライドだけで、命からがら何とか麺だけでも食べきった。。

これ平気で食べれる人っているのかな…?

パッケージ

18禁カレーラーメンパッケージ

ラーメンとは思えないこの出で立ち。

エロティックな雰囲気漂うハードなピンクを基調とした包装に、思わず店頭では買うのをはばかられます。

18禁カレーラーメン注意書

注意書はえらく脅してくるなぁ。どうせ大したことないんだろうし、、、って思ってると、マジで痛い目みます。

完食とはスープもすべて飲み干すことって、、

食べた今だから言える、

「飲んだら死んでしまうわ!!」

食べてはいけない人やシチュエーション

  • 子供、お年寄り
  • 高血圧、胃腸弱い、体調不良
  • 空腹

これはマジのやつでしたね。

私は辛いもの好きのくせにお腹が弱く、さらに空腹時に食べてしまったので死にました。

夜中は腹痛で眠れず、翌日も午前中はひどい胸焼けで死んでました。。

内容

カロリーは299kcalとわりと低め

18禁カレーラーメン栄養成分表示

麺の量が103gと少ないほうです。

それゆえにカロリーも控えめ。

シンプル過ぎて油断してしまいがち

18禁カレーラーメン開封

中身は麺とスープの素のみというシンプルスタイル。

よくある辛味オイル的なものがないぶん、油断してしまいます。

「あれ?大したことなさそうだぞ?」

そんな風に思いながらのんきに調理してました。。

原材料

18禁カレーラーメン原材料

小麦粉、でんぷん、食塩、ジョロキア粉末、カレー粉、砂糖、ポークエキスパウダー、アミノ酸等、かん水、香料、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物

麺はノンフライなのでカロリーが抑えられてます。

辛口を売りにしている他のラーメンに比べると、かなりすっきりとした原材料構成。

辛さはジョロキア粉末だけで表現してくるタイプ。

いざ調理

沸かした熱湯の中に麺を投入。

5分ほど煮たらスープの素投入です。

見た目は赤くなく、匂いもカレーの美味しそうなにおいがします。

この時点ではあの地獄が待っていようとは全く思いもしません。

一気に入れます。

あとはかき混ぜたら完成です。

カレーのいい香りがします!

実食:地獄のはじまり

何も知らずに口一杯に麺をすすり込んだ私は、ひと噛みした瞬間に異変を感じます。

「口の中が痛い…」

長いこと噛んでいられず、早々に飲み込むことに。

するとまた異変が。

「喉が痛い…」

一口目ですべてを悟りました。

「これ、マジでヤバいやつやん…」

飲み込んだ後も口の中にしばらく激痛が残ります。

ヒーヒーハーハー悶え苦しみながらも耐えます。

本能でしょうか、ラマーズ法でしのぐのがマシなことを知っていたかのようです。

それでもたまらずに水で口をすすぎますが焼け石に水ならぬ焼け口に水状態。

涙なのか汗なのかもうわからないくらいに顔中から液体が吹き出して来ます。

目も真っ赤…

しばらくしてやっとのことで2口目。

わかってはいたけどやっぱり痛い…

仕方なく牛乳の力を借ります。

それでも耐えられず、残っていたコッペパン黒糖ミルククリームにかぶり付きごまかします。

麺を食べては牛乳を飲み、コッペパンを頬張りを繰り返し、、

最終的にはこいつにも力を借りて何とか麺を完食。

「もうやめたら?」

半ばあきれ顔の妻に逆らうかのように辛いもの好きのプライドを守りました。

気付いたら食べはじめてから45分も経過。

悔しいけど、スープは諦めます。。

まとめ:罰ゲーム以外に使い道あるの!?

マジで死ぬかと思いました。。

喉から胃にかけて味覚があるかのように飲み込んだ後も体内が燃えたぎります。

この夜は腹痛で何度も目が覚め、睡眠不足に。翌朝も胸焼けがすごかった。。

この「18禁カレーラーメン」をへっちゃらで美味しく食べられる人って、この世にいるんですかね?

これが可愛く感じるほどの辛さでした。

関連記事:激辛カップラーメン「蒙古タンメン中本」

ABOUT ME
gejigeji
江戸川区での子育てライフに役立つ記事を書いてます。(子育て支援、おでかけ、便利グッズ、グルメ情報から、時に趣味の一口馬主ネタ。)経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職。子供:娘2人・息子1人(2014・2017・2018生)お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。