おでかけ

0歳の赤ちゃんと外食できる?事前準備で意外と簡単!

生後3か月の赤ちゃんがいるブログ仲間がこんなこと言ってました。

「自分も妻も外食に飢えてるのかなぁ。」

それを聞いて、周囲に気を使って連れていけないのかなぁ。初めての子育てでけっこう消耗してるかもなぁ。

と心配になりました。

gejigeji家は長女が生後3か月の時には普通にディープなお店で外食してました。

なぜgejigeji家が生後3か月の長女を連れて普通に外食ができていたかというと、

「事前準備をしておく」の一言に尽きるかと。

本記事ではその事前準備の詳細をシェアしていきます。

 

赤ちゃん連れの外食は事前準備が命

外食日前の準備

  • 外食グッズのセットをつくっておく
  • 赤ちゃんを連れていけるお店を把握しておく

外食するか!という雰囲気になりやすい状況を作っておくことです。

「今日ご飯作るのめんどくさいなぁ」って雰囲気を奥さんから感じた瞬間に外食を提案しやすくなります。

 

外食グッズセットの中身

母乳を飲む生後3か月の赤ちゃんの場合はそんなにグッズは要りません。

  • 授乳ケープ
  • 替えのオムツ
  • 小さめのブランケット(お店のエアコンが効いている時用)
  • ぐずった時にあやすオモチャ

ミルクで育っている赤ちゃんの場合は上記に加えて以下が必要になります。

  • 哺乳瓶セット
  • ミルク
  • 魔法瓶(お湯を入れる用)

これらは常にセットにしていつでも使用できる状態で準備しておきます。

 

お店選び

まずはハードルの低いファミレスから始めてみると良いでしょう。

大抵のファミレスは赤ちゃんや子供の受け入れ態勢が整っています。

ファミレスに赤ちゃんを連れて行くと意外なメリットもあります。

 

赤ちゃん連れでファミレスに行く意外なメリット①

自分たちの赤ちゃんよりも他の家族の子供の方がよっぽどうるさい事に気づく

「なんだ、赤ちゃんの方がむしろ楽勝じゃん…」と、ある意味気持ちが救われることもあります。

子供が大きくなってくると動き回ったり物触ったりしてもっと目が離せなくなりますからね~。

 

赤ちゃん連れでファミレスに行く意外なメリット②

他の家族の工夫を盗める

 

赤ちゃんに持たせてるオモチャとか、パパ・ママが食事をとりやすくできる便利グッズなどを見て参考にすることができます。

 

iPadやDS、Switchをひたすらする子供たちもよく見かけますw

 

ファミレスの次は回転寿司なども家族連れが多く、赤ちゃんを連れていきやすいですね。

回転寿司をクリアしたらもっとディープなお店にチャレンジしてみてもいいと思います。

 

外食日当日の準備

  • 気持ちの準備
  • 赤ちゃんの体勢の準備
  • 外食グッズセットを忘れずに

あとは踏み出すのみです。

 

気持ちの準備

赤ちゃんが泣くのは当たり前です。周りもそう思ってます。

もし嫌味を言われても二度と会わないのだから気にしないで良いですww

それでもパパ・ママが気を使ってしまって耐えられない!そんな場合は最悪お店から出ればいいのです。

飛行機や新幹線とは違って外食はお店から逃げられるから楽ですよね~。

 

赤ちゃんの体勢の準備

オムツは外出前に替えておきましょう。

そして、おっぱいやミルクを飲ませるタイミングを見計らってください。

これは奥さんと色々と試したり、外出をしている時間などから逆算して決めてください。

直前に飲ませた方が良いのか、外出中で飲ませた方が良いのかなど、自分たちの型を作っておいてください。

 

 

まとめ

 

事前の準備さえできていれば、赤ちゃんとの外食は全然怖くありません。

慣れればへっちゃらです。

gejigeji家は生後4か月で長女を連れて熊本県の植木温泉まで旅行に行ったくらいです。

ぜひ色々なやり方や夫婦での連携プレーを考えてゲーム感覚で外食を楽しんでください!

子供を連れていける穴場グルメなんか見つけるのもとても楽しいですよ!

 

 

以上

 

 

 

 

ABOUT ME
gejigeji
マーケティング歴9年目の34歳会社員男のブログです。主にマーケティングの仕事や転職、子育て、時に一口馬主ネタの記事を雑記で書いてます。経歴:日本系大企業から外資系大企業を経てベンチャーに2018年に転職しました。子供:娘2人(2014・2017生)。2018年11月には息子が生まれる予定です。お気軽に絡んでもらえると嬉しいです!
関連記事

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。